正確に申し込みをする

キャッシングは、正に正直者が得をするように作られています。

 

嘘をついてまでキャッシングの審査に通ろうとする方はいますが、そのような方は必ずどこかでばれてしまいますし、結局キャッシングが利用できない状況へと落ちてしまいます。その点、正直に答えているだけで何の問題も起こりませんし、嘘をついてキャッシングの審査に落ちることもありません。

 

また、正直に返済をすることによって、これまたさらにキャッシングで得をするのです。キャッシングにおいて返済と言うのは、借りたお金を返すということだけではなく、その人の信用を測る行為でもあるのです。そのため、借りた金額を正直に返済することができれば、金利も安くなり限度額も高くなることでしょう。

 

では、損をするのはどのような人でしょうか。当然、これとは逆の行動をしている方です。逆へ逆へと行っているとどんどん自分のいる状況を苦しめてしまうだけなので、正直にキャッシングを利用することを心がけましょう。

 

キャッシングにおいては、正直者は得をするのです。このことを忘れないように、しっかりと借りたお金は返済して、嘘をついてキャッシング審査に通らないようにしておきましょう。たったこれだけで、有利になるのです。

 

キャッシングで300万円借りるためには

300万円という金額は、すでに小口ローンとしては相当に大きなものです。キャッシングは小口ローンでありながら、最高300万円まで融資可能なタイプが少なくありません。しかし、融資できる可能があるから、100%融資を受けられるとは限らないのです。

 

現実的に300万円を借りようと思ったら、1,000万円近い年収が必要となります。年収300万円の方が、300万円の融資を申し込んでも却下されてしまうのです。

 

昔のサラ金では、300万円借りている方は普通にいましたが、事情を聞いてみると数社から借りている方がほとんどでした。今も昔も1社から300万円借りるというのは大変なことなのです。住宅ローンですと、年収300万円の方でも1,000万円の借り入れは可能です。

 

これは金利が非常に低いからであり、金利が高めの小口ローンに関しては、高額融資を受けること簡単ではありません。キャッシングは総量規制の適用となり、融資してもらえる金額は年収の3分の1までです。銀行は適用にはなりませんが、それに準ずる年収がないと厳しいのは事実です。

 

また、キャッシングは段階的に限度額が増えるのが普通なので、年収が多い方でもいきなり300万円を借りるのは難しいでしょう。