いくつかの審査の候補

お金を借りる時には必ず審査がありますが、何故あるかと言うとお金を貸したら必ず返してくれる見込みがあるかどうかを調べるためです。現在の収入の状況や勤続年数などを調べるのはそのためです。

 

収入が多ければお金を貸しても返してもらえる確率は高くなるので審査は楽に通り、設定される金利も安くなります。収入が少なかったり勤務形態が不安定なものだとリスクが高くなるので金利も高く設定されます。

 

また現在の状況だけではなく過去にさかのぼって事故情報がないかも調査されます。信用情報機関というものがあって、過去に返済が滞った事があったり、自己破産をした事があると一定の期間情報が残っているのです。7年たつと情報が削除されるところが多いのですが、長いところだと10年くらい情報を残している機関もあります。

 

事故情報が残っていると必ずしも断られるということはなく、現在の収入や勤務状態などが安定している場合は借りる事ができます。

 

金融機関によって借りる事ができる条件が違うので、同じ条件でも通る場合と通らない場合があります。1つの金融機関で借りる事ができないからといって、他のところでも断られるとは限らないので幾つかの金融機関に相談してみる事が大切です。